●会の目的
宮崎県都城市周辺は、大淀川上流域に位置します。この流域には自然植生した森があり、人々の暮らし・自然に大きな恵みを与えてきました。わたしたちは、地域の代表的な樹木である「どんぐり」を山に植え、森(どんぐりの森)を再生し、私たちの生活を育む自然風土を後世に引き継ぐことを目標としています。主な活動として、大淀川流域の伐採された後の山林に「どんぐりの木」の植樹、その苗木の育成、植樹する山林の整地などがあります。


●活動内容


「できる人が できるときに できることを」行う方式で、ドングリを拾い、種をまき、苗を育て(2年間)、山に植えることを一年間のサイクルとして年6
回活動しています。
 このほか、「どんぐり株主」を募集、株券にはさむ葉っぱを拾いなど、会の目的のため自分でできるときにできることを行っています。山歩き・工作教室などの実施も計画しています。

 年輩の方からこどもまで、幅広い年齢層の方が会員になっています。「自然体験のすばらしい機会」と、家族で入会される方もいます。



●会の概要
・総務部会 ・広報部会  ・育苗部会 ・環境学習部会
・どんぐり株券部会 ・株主募集部会 ・植樹会企画部会  
の7部会で活動しています。入会される(年会費 1,000円/1人・家族会員は無料)と、どこかの部会に登録されます。部会活動についての案内は、部会長から通知、もしくはこのホームページの「最新情報」でご確認ください。

※入会を希望される方は、上記「会員募集/入会」ボタンをクリックしてください。
上にもどる▲

●実績(’16年現在)
1996年に活動開始し、翌97年に山之口町永野国有林に2000本のどんぐり(シイ・カシ)の苗木を植樹。
以来毎年1回、国有林等に植樹を続け、計60.69haに計150,300本をどんぐりの木を植樹しました。
1号地の山には、新たな沢ができ、水が流れ始めました。照葉樹の森が再生したのです。
私たちは、今「行動すること。続けること」の大切さを改めて感じています。


※地図をクリックすると、現状が確認できます

号地 場 所 場 所 植樹数 株 数
H09 1号 山之口町永野国有林 2.7ha 2,000本 2,000株
H10 2号 高城町大丸国有林 0.6ha 1,000本 917株
H11 3号 山田町長尾国有林 2.2ha 2,000本 2,315株
H12 4号 都城市霧島国有林 3.7ha 7,500本 5,203株
H13 5号 財部町瓶台国有林 3.7ha 8,500本 6,298株
H14 6号 三股町柴立国有林 1.3ha 4,000本 7,037株
H15 7号 高崎町長尾国有林 3.9ha 7,500本 8,500株
H16 8号 都城市権現国有林 4.6ha 9,300本 10,215株
H17 9号 高崎町長尾国有林 4.3ha 12,500本 9,739株
H18 10 高城町四家田辺国有林 3.2ha 12,400本 10,147株
H19 11 三股町轟木国有林 4.3ha 13,500本 9,070株
H20 12 高城町中山国有林 3.1ha 10,000本 8,060株
H21 13 都城市山田町長尾国有林 5.5ha 10,200本 7,787株
H22 14 都城市高城町田辺国有林 5.0ha 13,000本 6,911株
H23 15 都城市山之口町青井岳国有林 4.8ha 14,500本 6,297株
H24 16 都城市山田町パークゴルフ場周辺山林 3.2ha 8,000本 7,193株
H25 17 都城市高城町蓑野国有林 1.93ha 6,000本 5,682株
H26 18 都城市山之口町青井岳国有林 0.77ha 2,500本 4,605株
H27 19 都城市高城町田辺国有林 0.97ha 2,900本 4,638株
H28 20 都城市山田町長尾国有林 0.97ha 3,000本 5,263株
60.69ha 150,300本 127,877株


●成果
平成9年に1号地に植えた苗木が、今では5〜6mほどに成長しました。森の沢筋には水があふれ出しています。その「チョロチョロ」という音は身体を隅々を清めてくれる心地よいものです。「未来にいい環境を残したい」と頑張ったみんなの汗が、一筋の流れを生み出したのです。

5〜6mに育ったどんぐりの木 沢筋に湧き出した水
上にもどる▲